Allied ArchitectsAllied ArchitectsEngineer Blog

SourceTreeでgit cherry-pickを使う

2013/10/2 Git

こんにちは。monipla facebookを担当している佐藤(ま)です。
アライドでは「大佐」と呼ばれております。

前回は、gitの取り消す操作について書きましたが、今回は、git cherry-pickについて書きたいと思います。

これもまた調べてみればたくさん記事が出てくるのですが、コマンドを使わない方の為に今回もSourceTreeの画面も合わせて確認していきたいと思います。

◇ まずcherry-pickとは
特定のコミットを取り出し現在のブランチに取り込む操作です。

◇ リポジトリ構成
今回は以下のようなリポジトリを用意しました。

SourceTreeでみるとこのようになります。

では、cherry-pick の動作を確認していきたいと思います。

◇ developの「F」のコミットをmasterのHEADに適用する
まずはコマンドで実行してみます。

これでmasterブランチのHEADへ、develpの「F」のコミットが適用されました。

ちなみにSourceTreeでみるとこのようになります。

では、次にこの操作をSourceTreeで行ってみます。

先程の初期の状態に戻しました。

・masterをチェックアウトした状態で「F」のコミットを右クリックし、Cherry Pickを選択します。

・git cherry-pickが実行され、先程と同じ結果になりました。

コマンドを使わないという方も、SourceTreeでちょっと便利なcherry-pickを使ってみてください。

※参考URL

http://transitive.info/article/git/command/cherry-pick/

http://hamatag.tumblr.com/post/9570991570/git-cherry-pick/

sato.masaki
  • sato.masaki
  • developer
  • よく使うであろうことをできるだけ分かりやすく発信していきます。 Gitの情報を無駄にキャッチアップしてます。

RELATION ENTRY

社内エンジニア向けにマークアップハンズオンを開催しました

社内エンジニア向けにマークアップハンズオ...

2017/05/23 Markup

お久しぶりです。アライドの大佐 (@taisa831)です。最近社内でUIデザイナーにお願いしてマークアップハンズオンをやってもらったのでその時のことを紹介したいと思います。 なぜやったか 弊社ではマークアップとエンジニアの仕事は分業していて、仕様の確認後はエンジニアは設計をし、UIデザイナーが...

続きを読む

Git の中身を見てみよう!vol.2 – Git オブジェクト (Advent Calendar 21日目)

Git の中身を見てみよう!vol.2 ...

2014/12/21 Git

こんにちは。アドベントカレンダー21日目を担当する佐藤(ま)です。 アライドでは「大佐」と呼ばれております。 前回に引き続き、git-scm.com の Book をみながら Git (.git) の中身をみていってみようと思います。今回は、前回も少し触れましたが、Git オブジェクトについてです...

続きを読む

sato.masakiの記事一覧へ

ページTOPへ