Allied ArchitectsAllied ArchitectsEngineer Blog

git pushのおさらい(push.default)

2014/05/1 Git

こんにちは。moniplaを担当している佐藤(ま)です。
アライドでは「大佐」と呼ばれております。

最近コマンドに慣れてきて SourceTree を使わなくなってきました。

さて今回は、v2.0が出る前に ‘git push’ の ‘push.default’ 設定の挙動をおさらいをしたいと思います。

v2.0からは以下にある(git push の度に出力される)ように、’git push’ のデフォルトが ‘matching’ から ‘simple’ へ変更されるようで、現在のままにしたい人は default 設定を予め ‘matching’ に設定しておいてね、ということのようです。

これに関して色々記事はあがっていますが、自分なりに挙動を確認したかったのでまとめてみました。
では、’git push’ の挙動を実際に設定変えながら確認してみたいと思います。

事前準備

masterとdevelopブランチを用意
※これらは最初に remote origin へ push してあります。

今回確認するpush.default設定

今回は、以下の2つの設定の動作を確認してみます。
※他にもいくつかあるようですが今回は割愛します。詳しくは以下の記事が参考になります。
http://qiita.com/awakia/items/6aaea1ffecba725be601#3-7
http://qiita.com/misopeso/items/ede49b661cc7ad30528a#3-2

matching

ローカルとリモートで同一の名前のリポジトリがあれば全てpushする。
※ 現在のデフォルト

simple

current branch に追跡 branch が設定されている、かつ local と remote の branch 名が同じである場合に、追跡 branch に対して push する。
※ v2.0 でデフォルトになる予定のもの

matching の git push

・push 対象
スクリーンショット 2014-04-27 15.36.08

また、以下のように push した test branch などは git push で push されません。

・push 対象
スクリーンショット 2014-04-27 15.39.28

simple の git push

・push 対象
スクリーンショット 2014-04-27 16.06.49

simple は追跡ブランチに対して push する為、以下のようにした場合 test branch は push されません。

人それぞれで、ブランチ戦略によるところもありますが、個人的には ‘simple’(か ‘current’ )設定が使いやすいと思います。いずれにせよ、v2.0になったら default 設定が変わるので、今のうちに自分好みの push.default 設定をして慣れておくのが良いかと思います。

今回は以上になります。

アライドアーキテクツではエンジニアを随時募集しております。
興味があればぜひこちらの採用サイトからご応募ください。

sato.masaki
  • sato.masaki
  • developer
  • よく使うであろうことをできるだけ分かりやすく発信していきます。 Gitの情報を無駄にキャッチアップしてます。

RELATION ENTRY

社内エンジニア向けにマークアップハンズオンを開催しました

社内エンジニア向けにマークアップハンズオ...

2017/05/23 Markup

お久しぶりです。アライドの大佐 (@taisa831)です。最近社内でUIデザイナーにお願いしてマークアップハンズオンをやってもらったのでその時のことを紹介したいと思います。 なぜやったか 弊社ではマークアップとエンジニアの仕事は分業していて、仕様の確認後はエンジニアは設計をし、UIデザイナーが...

続きを読む

Git の中身を見てみよう!vol.2 – Git オブジェクト (Advent Calendar 21日目)

Git の中身を見てみよう!vol.2 ...

2014/12/21 Git

こんにちは。アドベントカレンダー21日目を担当する佐藤(ま)です。 アライドでは「大佐」と呼ばれております。 前回に引き続き、git-scm.com の Book をみながら Git (.git) の中身をみていってみようと思います。今回は、前回も少し触れましたが、Git オブジェクトについてです...

続きを読む

sato.masakiの記事一覧へ

ページTOPへ