Allied ArchitectsAllied ArchitectsEngineer Blog

Glideを使って、 Goプロジェクトのパッケージバージョンを管理しよう!

2017/08/29 Go

Glideを使って、 Goプロジェクトのパッケージバージョンを管理しよう!

こんにちは!エンジニアのギです。
今回はGoプロジェクトのパッケージバージョンの管理に関して、Glideというツールをご紹介いたします。

Goのデフォルトパッケージ管理を使うときの問題

Go言語には標準で go get という依存関係を解消する便利なコマンドが含まれていて、このコマンドを使うことでリポジトリから1コマンドで簡単にすべての依存パッケージをダウンロードし導入できるようになっています。しかし、このコマンドを使うと、固定なバージョンを設定できないし、依存パッケージの最新バージョンしか導入できないという悩ましい問題があります。

パッケージのバージョン固定のいくつかツールまとめ

パッケージのバージョン固定の管理ツールはいろんなものがありますが、GitHubのStar数が高いやつをいくつかまとました。

URL Star数  参考
dep 4399 公式ツール。Alphaバージョンなう
manul 634
godep 4863
govendor 2350
gvt 678
govend 223
glide 5211 php composerのようなツール
gom 1276

私はPHPの開発に慣れているので、composerに似たglideというツールを使って開発するのが楽です。
ぎっとはぶでのGit Hub star数も多いので、glideに慣れている方もいると思います。

Glideを使ってみよう

Glideをインストールする方法

LINUXとかMACなどで以下のコマンドを実行すると、インストールできます。

Macでは、Homebrewでもインストールできます

パッケージ定義ファイルを作成する方法

Glideは、依存関係の定義ファイルをYAMLで記述します。プロジェクトのルートに以下コマンドを実行すると、定義ファイルが作成されます。

パッケージ定義の設定

上記のコマンドを実行すると、glide.yamlファイルが生成されます。このファイルに一覧パッケージを定義できます。バージョン固定もできます

パッケージの取得と更新

新しいパッケージの追加

最後に

以上です。Glideを軽く紹介いたしました。

Goプロジェクトのパッケージのバージョンを固定したい方は是非Glideを試してみてください!

ゴ ヴァンギ
  • ゴ ヴァンギ
  • こんにちは!学んだこと、気になることを書こうと思います。

RELATION ENTRY

GVMを使ってGoの開発環境を管理しよう!

GVMを使ってGoの開発環境を管理しよう...

2017/06/21 Go

こんにちは!エンジニアのギです。 最近、プロジェクトでGoを使い始めました。 各プロジェクトでGoの環境設定が違うため、プロジェクト毎に 環境を再設定しなければなりません(これは、結構面倒な仕事です) そこで、すぐにプロジェクトを切り替えられるようにする方法を調べてみました。 今回、GVMの使...

続きを読む

Chrome 59の新しい開発ツールを使ってみよう!

Chrome 59の新しい開発ツールを使...

2017/06/13 Chrome Dev Tools

お久しぶりです。アライドのギです。 Google Chrome 59がリリースされました。ブラウザと一緒に開発ツールのいくつかの新しい機能も追加されるので、今回は開発ツールの新しい機能を紹介させていただきます。 リリースノートはここに書いてあります。 新しい機能一覧 CSS and JS ...

続きを読む

ゴ ヴァンギの記事一覧へ

ページTOPへ